一般歯科|渋谷の矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」

一般歯科

歯が痛い、歯ぐきが腫れた、歯磨きをすると血が出る。そんなときに受けていただくのが一般歯科の治療です。虫歯や歯周病の治療を行う、最も「歯医者さんらしい」治療です。

言ってみれば、歯科治療のベースともなる部分です。矯正治療を受けたり、審美治療を受ける際にも、虫歯や歯周病があると治療をスタートできない場合があります。

矯正や審美の専門病院と違い、当院では一般歯科治療から矯正、審美までを一手に引き受けることが可能です。

虫歯の治療

歯科医院に対して「痛い」イメージを持っている方は、この分野が原因かもしれません。

当院では、患者さんに安心して治療に臨んでいただくため、事前にカウンセリングを行います。専用のカウンセリングルームでお口の状態を説明した上で、どう治すか、どのくらい通うことになるか、いくらくらい必要か、治療にともなうリスクはどうか、などもお伝えしています。

治療においては、MI(Minimal Intervention)の考え方を重視しています。直訳すると「最小限の介在」となり、つまり、無駄に削らず最小限の治療で問題を解決することを指します。知らない間に大きく削られてしまった、ということは絶対にありませんのでご安心ください。

表面麻酔や電動麻酔、針の細い麻酔なども用意し、できる限り患者さんが感じる痛みを少なくする努力もしています。

虫歯は治したいけど歯医者は怖い! と思っている患者さんも、安心して通える環境作りを目指していますので、お悩みの方はぜひ当院までご相談ください。

歯周病の治療

日本人が歯を失う原因の1位は、実は虫歯ではなく歯周病です。自分では気が付かない軽度な症状を含めると、成人の8割以上がこの歯周病にかかっていると言われています。

また、歯周病はお口の中だけでなく全身の健康に影響する恐ろしい病気です。歯周病菌が生み出した毒素が血液にのり全身にまわることで、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症を引き起こす原因となることがわかっています。

また、自由診療でのエアフローという、歯の表面についた着色汚れを落とす治療も行っています。エアフローは、細かいパウダーを強い水流で歯に吹きかけて汚れを落とす機械です。着色汚れがひどくなると、見た目が良くないのはもちろんのこと、虫歯の発見がしにくくなることもありますので、なるべく早めに対策を取ると良いでしょう。

「歯磨きをしたら血が出た」「歯ぐきが赤く腫れている」と感じたら、それは歯周病のはじまりかもしれません。

渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科では歯周病の治療から、定期的なメンテナンス、正しいブラッシングのレクチャーなど、健康な歯を維持するサポートをさせていただきます。