渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:木曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

矯正治療で抜歯は必須?メリット・デメリットと非抜歯で治療できるケース

矯正治療で歯を抜くことに抵抗を感じる人もいるでしょう。矯正は抜歯が必要な場合と非抜歯でできる場合があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。歯を抜かないことにこだわると、見た目はきれいでも噛み合わせが改善しないケースもあるのです。 

この記事では、矯正で抜歯が必要な理由や、非抜歯で矯正できるケースについて解説します。また、歯を抜かずに矯正する具体的な方法やそのメリット、無理に非抜歯矯正を行うリスクについても紹介します。 

矯正で抜歯が必要になる理由

歯の矯正で抜歯を行うのは、限られたスペースに歯をきれいに並べるためです。歯並びが悪くなる原因は主に、歯の数や大きさに対してあごの骨格が小さいことにあります。歯があごに収まりきっていないために歯並びが悪くなっている場合は、噛み合わせに比較的影響のない歯を抜歯し、スペースを作る方法が有効です。 

抜歯をせず無理に矯正すると、もとの歯並びに戻る「後戻り」が起きたり、口元のシルエットが膨らんだりするおそれがあります。

どの歯を抜歯するの?

矯正の際は、噛み合わせに影響の少ない歯を抜歯対象に選びます。基本的には、前歯中央から4本目の第一小臼歯か、5本目の第二小臼歯です。食べ物を噛み切る前歯や、他の歯への負担を分散する役割を持つ犬歯と比較すると、抜歯しても機能的な影響は少ないです。 

小臼歯は奥歯と前歯の中間にあるため、矯正をする上で歯の移動距離が短く済む点もメリットとして挙げられます。親知らずが斜めに生えていて矯正の邪魔になる場合や、矯正後の歯並びを乱すおそれがある場合は、親知らずを抜くこともあります。 

抜歯にかかる費用

矯正のために行う抜歯は自由診療となり、費用は1本につきおおむね5,000〜1万円です。ただし、親知らずが虫歯や歯周病の原因になっており、抜歯が必要と判断される場合は保険適用になることもあります。 

小臼歯はそれぞれ左右あわせて4本、親知らずは8本ありますが、それらを何本抜歯するかは個々の症例によって異なります。抜歯本数が多く不安になったら、セカンドオピニオンを受けてみるのもおすすめです。 

非抜歯でも矯正ができるケース

矯正では絶対に抜歯しなければならないというわけではなく、歯を抜かない「非抜歯矯正」ができるケースもあります。歯並びが大きく乱れておらず、凹凸の程度が比較的小さい症例であれば、歯を抜かずに矯正できるケースが多いでしょう。 

 

 また、いわゆる「すきっ歯」など歯並びに余分なスペースがある場合は、その空間を利用することで非抜歯矯正ができることもあります。しかし、あごが小さく歯の凹凸が大きい場合は、歯を移動させるスペースを確保するため抜歯が必要となるのが一般的です。 

 

 また、上あごの前歯が突出する「出っ歯」や、下あごの歯が突出して噛み合わせが反対になる「受け口」の程度が大きい場合も歯を後退させるため、多くのケースで抜歯が必要です。こういったケースで無理に非抜歯矯正をすると、歯並びは改善しても噛み合わせの機能や口元のシルエットの悩みが改善しないことがあります。  

幼少期から始めると非抜歯で治療できる可能性が高まる 

基本的に、大人になってからあごを大きく拡大することはできないため、スペースを作るために抜歯などの処置が必要です。子どもは大人よりあごの骨が柔らかいため、あごの成長を促して永久歯がきれいに並ぶ土台を作れます。子供のうちから処置しておけば、大人になって矯正が必要となった場合でも、抜歯しなくて済む可能性が高まります。 

 

 歯並びに問題があると感じたら、まだ乳歯が残っている6〜10歳の段階で歯科医院に相談するとよいでしょう。成長段階にある年齢から治療を開始すると、矯正の痛みも少なくて済みます。口呼吸や舌癖といった悪い癖を改善することで、お口全体の健康維持にもつながります。 

非抜歯で矯正する方法

ここからは、非抜歯矯正で主に使われる治療方法の具体的な内容や注意点などを解説します。 

奥歯を後ろに動かす

奥歯を後ろに動かしてスペースを作り、他の歯も順に奥へ移動させることができれば、非抜歯でも矯正可能です。左右の奥歯を移動させると、5mm前後のスペースを作れます。ただし、歯を支える土台の骨がない部分へは移動できないため、歯列にある程度の余裕があることが条件です。 

 

この方法では基本的に親知らずを抜歯します。「非抜歯」とは「親知らず以外の歯を抜歯しない」ということだと考えてください。後方移動と呼ばれるこの方法は、インビザラインなどのマウスピース矯正が得意としています。 

歯の側面を少し削る

抜歯するほどではない軽度な歯並びの問題で、前歯が少し大きくて歯列に入りきらないといった場合はストリッピングという方法を用います。これは、いくつかの前歯の両側を表面のみヤスリのような器具で削り、スペースを生み出す方法です。  

 

削る厚みはわずか0.2〜0.6mmでエナメル質の厚みの半分以下のため、虫歯や知覚過敏を誘発することはありません。複数の歯を削ればある程度の余裕ができるでしょう。しかし、抜歯ほど大きなスペースは作れないので、軽度の症例でのみ活用できる方法です。 

あご(歯列)を拡大する

あご(歯列)を拡大することにより、歯の土台のスペースに余裕を作る方法です。歯は奥歯から前歯を通り逆側の奥歯へと、U字型に湾曲した土台に生えています。この土台を外側に広げることで、より多くの歯が並ぶスペースを生み出すことができるのです。 

 

しかし、どの程度広げられるかはあごの大きさなどで異なり、あごの成長の終わった大人では拡大の程度に限界があります。また、上あごは比較的拡大しやすいものの、下あごの拡大は難しいため、適用できる症例は限られます。  

抜歯するメリット

最近は非抜歯矯正も選択肢として考えられるようになりましたが、多数の症例に適用できるわけではありません。抜歯を伴う矯正はいまだ主流といえます。 

 

抜歯するメリットは、歯を動かすための十分なスペースを確保でき、治療計画を立てやすいことです。ただし、「患者さまが抜歯することに抵抗がないなら抜歯するほうがよい」というわけではありません。噛み合わせや口元全体の見た目、患者さまのご希望も考慮して、総合的に判断する必要があります。 

抜歯するデメリット

抜歯後に痛みや腫れが生じることがある 

抜歯後は一時的に腫れや痛みが出ることがあります。2〜3日間腫れや痛みがあることは異常ではありません。歯肉を切って埋没している親知らずを抜くなどの処置でない限り、大きな痛みが続くことは基本的にないでしょう。 

抜歯した方の頬を冷やす、歯科医院処方の痛み止めを飲むなどのケアで痛みを緩和することも可能です。また、アルコールの摂取や運動を控え、口内を清潔にすると腫れが長引くのを防止できます。 

治療期間が長くなる可能性がある

抜歯は、歯列に十分なスペースを作り効率的に歯を移動させるための処置です。しかし、抜歯自体に時間がかかる上、大きなスペースが空くことで歯の移動距離も大きくなり、トータルの治療期間が長くなってしまう可能性もあります。強引に歯を動かすと歯が傾いたり、抜けやすくなったりするため、無理な期間短縮はできません。 

抜歯しないメリット

従来は抜歯する矯正方法が主流でしたが、近年では歯を抜かない矯正も主要な選択肢として検討する歯科医院が増えています。以下の段落では、抜歯をせずに歯並びを矯正する代表的なメリットについて解説します。

健康な歯を抜かずに済む 

虫歯や歯周病でない健康な歯を抜くことに抵抗を感じる人は多いでしょう。第一小臼歯や第二小臼歯は抜いても比較的悪影響が少ないとされますが、噛み合わせを安定させる役割を持っています。抜歯せずに済むならそれに越したことはありません。 

一方、親知らずを抜くことに関してはあまり抵抗を感じる必要はないでしょう。正常に生えていたとしても、一番奥にある親知らずは歯磨きが届きにくく、虫歯や歯周病になりやすいからです。他の歯の健康を守るという点で抜歯したほうがよいケースもあります。

抜歯する時間と費用がかからない

矯正専門の歯科医院にかかった場合、抜歯は一般歯科治療を実施している他の歯科医院で行います。その際は矯正専門の歯科医院からの紹介状が必要です。そのため、非抜歯矯正は紹介状発行料や他院での抜歯費用、それに伴う時間を節約できる方法といえます。 

歯科全体で分業がすすんでいるため、他院で抜歯をお願いするケースは一般的になっています。抜歯と矯正の両方を行う歯科医院を選ぶと時間を節約できますが、その場合も治療に応じて追加で費用がかかるのは同様です。 

無理な非抜歯矯正で起こるリスク

非抜歯矯正はどんなケースでも活用できる方法ではありません。無理に行うと、かえって噛み合わせに問題が生じたり、見た目に問題が出たりすることがあります。以下では、無理な非抜歯矯正で起こるリスクについて解説します。 

口元が出っ張ってしまう

無理に非抜歯矯正を行うと、口元が出っ張り横顔の「Eライン」が崩れることがあります。Eラインとは、鼻とあごの先をつないだ線のことです。この線上の少し内側に唇が収まっている横顔が理想とされます。 

十分なスペースがないにもかかわらず非抜歯で無理に歯を並べると、入りきらなかった前歯が前に出て、口元がEラインからはみ出してしまうケースがあります。歯並びや嚙み合わせはもちろん、口元の見た目の変化もシミュレーションした上で、慎重に治療計画を立てることが重要です。 

歯肉が下がってしまう

歯肉が下がる症状は「歯肉退縮」といい、歯肉に負荷がかかることで起きます。歯肉退縮は矯正歯科全般で起こりうる症状ですが、狭いスペースに歯を無理やり並べることで、そのリスクが高まる可能性があるのです。 

歯肉が下がると歯が長く見えるだけでなく、歯の間の隙間が大きく見えることもあります。また、知覚過敏や歯周病、虫歯が起こりやすくなるなど機能面に問題が出ることもあるため注意が必要です。歯肉退縮を放置すると、進行して歯が抜けやすくなる可能性もあります。 

後戻りしやすい

無理な非抜歯矯正により狭いスペースに歯を並べると、矯正の完了後に歯並びが元に戻る「後戻り」を起こす可能性があります。後戻りが起きると再び矯正が必要になるため、余分な時間がかかってしまうでしょう。また、歯科医院の規定によっては再矯正の費用が必要です。 

一方、非抜歯矯正に適した症例の場合は、抜歯するより歯の移動距離が短くて済むため、かえって後戻りが起きにくくなります。 

矯正治療は実績豊富な専門医に相談を

抜歯矯正と非抜歯矯正にはそれぞれメリットとデメリットがあり、一概にどちらがよいとはいえません。トラブルを避けるには精密な検査や診断を行い、適切な判断を下せる歯科医院を選ぶことが重要です。歯並びや口元の見た目だけでなく、噛み合わせまで考えた総合的な治療計画が求められます 。

歯科医院により得意な矯正法や重要視する部分は違うため、提案される処置方法が異なる可能性もあります。安心できる歯科医院を選ぶことが納得のいく結果につながります。 

お問合せ・ご相談はこちら

無料相談も行っております。
お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0120-39-5755

診療時間(平日):11:00〜14:00, 15:30~20:00

診療時間(土日):10:00~13:00/14:00~17:00

休診日:火曜・第2第4日曜・祝日

アクセス:東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F「渋谷駅」より徒歩1分

ご予約はこちら
お問合せフォームはこちら

診療メニュー

痛みの苦手な方のために「痛みの少ない治療」や、できるだけ「削らない治療」を心がけています。

担当歯科衛生士制により、一人ひとりのニーズに合わせた歯周病改善のケアを行っています。

マウスピースをはめるだけの手軽な矯正「インビザライン」を、リーズナブルな価格でご提供します。

部分矯正や目立たない矯正方法など、豊富なメニューからご希望に合ったものをお選びいただけます。

iACD認定医の院長が、予防歯科を通じてお口の中から全身の健康をサポートいたします。

経験豊富な院長が、「生まれ持った歯のように美しい」セラミックなどで審美歯科治療を行っています。

経験豊富な院長が手掛けるしみにくいホワイトニングを、リーズナブルな価格でご提供いたします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:11:00~14:00
午後:15:30~20:00
△:午前 10:00~13:00
  午後 14:00~17:00

休診日:水曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分