渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:木曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

保定装置とは

矯正治療では、矯正装置を装着している治療期間と装置を外した後に、歯を安定させる保定期間があります。保定期間は矯正装置で移動させた歯の周辺の組織を安定させるために必要となり、保定装置を使用して歯が後戻りしないように防いでいきます。治療が終わり、矯正装置を外した後の歯の組織はまだ安定していないため、綺麗な歯並びを維持し続けるためにも保定期間はとても重要です。

 保定期間はリテーナーとも呼ばれる保定装置を使用して、治療後の歯並びを安定させていきます。矯正装置と異なり、決められた時間だけに使用できる着脱式のものが多く、基本的に患者様自身の手で管理していくことになります。多くの医院でマウスピース型の保定装置を使用していることが多いですが、他にも種類があり、治療箇所や患者様の状態、希望に合わせて選択可能です。

 マウスピース型の保定装置は透明なプラスチックであるため、目立ちにくいのが利点です。部分的な保定ではなく、全体を覆うことができ、歯並びのバランスが取りやすく安定しやすいのも特徴となります。着脱式で装着も簡単で、虫歯のリスクも減る利点もあります。

 一方で、装着時間が少ないと後戻りのリスクが高くなるため、食事や歯磨き以外の時間は装着しておく必要があります。矯正装置を外した直後の初期段階では長時間装着しておく必要がありますが、徐々に装着の時間を減らしていき、最終的には睡眠時のみの使用になっていきます。

 保定装置は歯を移動させる矯正装置と異なり、歯をその位置に定着させる装置です。ですので、矯正装置とは異なり歯を動かさないため痛みもほとんどなく、患者様に安心してお使いいただけると思います。

 保定装置が破損してしまったり、患者様のお口に合っていない場合は保定装置が口の中に当たってしまい痛みを感じることもあります。保定期間の初期段階では後戻りがしやすい状態のため、後戻りを防ぐためにも保定装置に異常を感じた場合にはすぐに医院に相談してください。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:11:00~14:00
午後:15:30~20:00
△:午前 10:00~13:00
  午後 14:00~17:00

休診日:水曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分