渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:木曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

保定装置の種類 リテーナー

矯正装置を外した後の保定期間にはリテーナーと呼ばれる保定装置を歯に装着しておく必要があります。歯を動かす矯正装置と異なり、移動させた位置で歯の組織を固定するための重要な装置です。矯正装置を外した直後の歯は組織が元の位置に戻ろうとする動きが働くため、歯に合った保定装置でしっかり固定していくことになります。

 保定装置の種類にはいくつか種類があり、マウスピースタイプ、フィックスタイプ、プレートタイプ、スプリングリテーナーなどがあります。中でもマウスピースタイプは透明な素材で目立ちにくい特徴で、制作や装着が比較的簡単に行なえるのが利点です。

 まず患者様の歯型を作り、そこに石膏を流して歯列模型を制作します。透明の樹脂の板を熱で柔らかくして、歯列模型に押しつけてマウスピース型の完成です。歯の全体を覆う装置を作ることができるため、歯並びのバランスが取りやすいのも利点となります。

 着脱式のため、食事や歯磨きの際には取り外し可能で、歯の衛生状態を保つことができます。表面を覆うため、後戻り防止に高い効果も発揮でき、利便性にも特化していて多くの患者様に選ばれているリテーナーです。しかし、樹脂で制作しているため耐久性が低く、歯ぎしりのクセが強い方が使用すると穴が開いたり割れたりといった破損状態になる場合があります。着脱式であるため、取り外す際も乱暴に扱うと破損することがあり、取り扱いには十分注意が必要です。

 破損した際には再制作する必要があります。マウスピースタイプの場合は全体を覆っているため部分的な修復ができないため、一から作り直すことになります。場合によっては修復が可能ですが、作り直しも修復の場合でもその分費用がかかるため、できる限り破損しないように丁寧に扱いましょう。

 マウスピースタイプは装着が簡単にできる分、安易に取り外そうとする患者様も少なくありません。取り外す際に破損することが特に多いため、必ず奥歯の裏側からゆっくり外すようにしてください。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:11:00~14:00
午後:15:30~20:00
△:午前 10:00~13:00
  午後 14:00~17:00

休診日:水曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分