部分矯正(前歯だけの矯正)|「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」

部分矯正(前歯だけの矯正)

「歯並びをよくしたいけど、全部治すのは大変そう」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに、お口の中にあるすべての歯を整え治すには、費用も時間も手間もかかります。もちろん、それでも治療を受けるメリットはあるのですが、患者さんによっては「そこまでしなくてもいいんだけどな」と考える人もいらっしゃるでしょう。

そういった場合、当院では前歯だけの部分矯正を行っています。

前歯が整っているだけでも美しく見えますし、人に与える印象はだいぶ良くなるはずです。

少ない費用、短い期間で、気持ち的にも構えすぎることなく、前歯の部分矯正に挑戦してみてはいかがでしょうか。

部分矯正の方法

当院の部分矯正でメインになっているのは、ワイヤーを使った矯正治療です。

この方法には、歯の表側(外から見える側)にワイヤーを取り付ける方法と、裏側に取り付ける2種類の方法があります。

裏側矯正の場合、普通にしていれば器具はまったく見えませんので、審美面を気になさる方におすすめです。ただし、取り付ける作業が難しくなるため、費用が多めにかかってしまいます。一方の表側矯正は、費用が安く抑えられますが、器具は見えてしまいます。

得られる効果や治療期間に違いはありませんので、患者さんのご希望で選んでいただいていいと思います。また、ご希望がある場合はインビザラインを使った部分矯正を行うことも可能です。

いずれの方法にしても、治療にかかる期間はそれほど変わりません。状態などにもよりますが、概ね3カ月から1年くらいとなります。

また、歯を動かした後は、後戻りを防ぐために保定を行います。保定の期間は矯正治療にかかった期間と同じくらいになるケースが多いので、治療と合わせて6カ月から2年くらいとなります。

部分矯正治療では、気を付けていただかないといけない点もあります。

例えば、当初の治療予測と結果に多少のズレが生じる場合があります。ズレと言っても、出っ歯が受け口になってしまうような極端なことではなく、少しねじれが残ったり、咬み合わせが理想通りにならなかったりなど、後からでも取り返すことのできる程度のズレです。

また、歯肉退縮が起きる場合もあります。歯肉退縮とは、歯ぐきが下がってしまうことを指します。

歯や歯ぐきは歯槽骨という骨に支えられているのですが、歯を動かすことで歯槽骨にも影響が出ます。その際に、歯ぐきが一緒に下がってしまうことがあるのです。これは、矯正治療全般で起こりえることです。

そのほか、治療中に一時的な痛みが出る場合や、骨格的な問題のある人は抜歯が必要になるケースなども、注意点に挙げられるでしょう。

メリット・デメリットについては、当院にご相談いただければ丁寧にご説明いたします。

部分矯正の費用

当院で行っている、表側からのワイヤー矯正、裏側からのワイヤー矯正、インビザラインを使った部分矯正は、すべて費用が異なります。

おおざっぱに言うと、裏側矯正とインビザラインが同じくらいで、表側矯正が少し安いといったところです。詳しくは下の表をご覧ください。ただし、お口の中の状態や治療期間によって変動しますので、例外的に下表とは異なる価格になることもあります。

種類 概要 治療期間の目安 費用(税別)
表側部分矯正
(白ブラケット使用)
歯の唇側に装置を取り付ける矯正方法です。当院では通常料金内で目立たない白いブラケットを使用しています。 3カ月〜1年 片顎あたり10~20万円
※白ワイヤー使用の場合は+2万円
裏側部分矯正 歯の舌側に装置を取り付ける矯正方法です。歯列の状態にもよりますが、装置が外から見えることはほとんどありません。 3カ月〜1年 片顎あたり15~30万円

*歯列矯正治療はすべて自由診療となります
*調整料は料金に含まれています。クリーニングなどが必要な場合は、別途費用がかかります