渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:木曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

職業別におすすめの矯正装置をご案内|矯正装置別のメリット・デメリット

皆さん、こんにちは。渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科です。

今日は、職業別におすすめの矯正装置についてお話しします。職業によって求められるイメージや仕事中のコミュニケーションスタイルが異なるため、それぞれに最適な矯正方法は変わってきます。

特に、営業職の方々にはインビザライン矯正を強くおすすめしたいと思います。私たち歯科医師が患者さん一人ひとりに合った矯正装置を提案することで、より快適な矯正生活を送っていただきたいと考えています。

営業職にはインビザラインがオススメ

営業職の方々は、日々多くのお客様と対面し、印象的な笑顔でコミュニケーションを取ることが重要といえます。そんな営業職に最適な矯正装置が、インビザラインです。インビザラインは、透明なマウスピース型の矯正装置で、ほとんど目立たずに装着することができます。このため、仕事中でも自信を持って笑顔を見せることができ、噛み合わせの改善と同時に、ビジネスシーンでの印象アップにもつながります。

その他の職業とおすすめ矯正装置

医療・福祉職

人と接する機会が多く、親しみやすい印象を与えたい医療・福祉職の方には、取り外し可能で清潔感を保ちやすいインビザラインや、口元の印象をあまり変えずに矯正できる舌側矯正装置がおすすめです。

教育職

子どもたちや保護者とのコミュニケーションが多い教育職の方は、清潔感と親しみやすさが求められます。インビザラインや、目立ちにくいセラミックブラケットを用いたワイヤー矯正が適しています。これらの装置は、見た目の自然さを保ちながら矯正治療を行うことができます。

クリエイティブ職

アーティストやデザイナーなど、自由な発想や表現が求められる職業の方には、個性を大切にしながらも治療を進められるインビザラインが適しているといえます。ただし、仕事に支障が出ないのであれば、いわゆる表側矯正でブラケットを装着し、カラフルなゴムで個性を演出するのも良いです。

企業役員・経営者

ビジネスの第一線で活躍する企業役員や経営者の方々には、効率的かつ確実に噛み合わせの改善を目指せるワイヤー矯正で、審美ブラケットやホワイトワイヤーなどを組み合わせるのがおすすめです。見た目にも配慮されており、ビジネスシーンでのプレゼンテーションや会議中も気になりません。

インビザラインの特徴やメリット・デメリットについて

インビザラインは、見た目に配慮された先進的な矯正治療法です。この方法は、透明なプラスチック製のマウスピースを用いて、徐々に歯を理想的な位置に移動させます。インビザラインの特徴、治療の流れ、メリット・デメリット、そして注意点について詳しく解説いたします。

インビザラインの特徴

インビザラインの最大の特徴は、その透明性にあります。装着時にほとんど目立たないため、矯正治療をしていることを周囲に気づかれずに済みます。また、マウスピースは取り外し可能で、食事や歯磨きの際に邪魔になりません。この柔軟性が、多くの患者さんに選ばれる理由の一つです。

インビザライン矯正の流れ

初診・相談

患者さんの口腔内を診察し、インビザラインが適切かどうかを評価します。

治療計画の確認

3Dコンピュータシミュレーションを用いて、治療後の歯の動きを予測し、患者さんに確認していただきます。

マウスピースの製作と装着

オーダーメイドで製作されたマウスピースを受け取り、指示に従って装着します。

定期的な交換とチェック

約2週間ごとに新しいマウスピースに交換し、定期的に歯科医師によるチェックを受けます。

インビザラインのメリット

目立たない:透明で目立ちにくいため、治療中も自信を持って過ごせます。

取り外し可能:食事や歯磨きの際に取り外せるため、口腔衛生を保ちやすいです。

痛みが少ない:徐々に歯を動かすため、従来の矯正装置に比べて痛みが少ない傾向にあります。

予測可能な結果3Dシミュレーションで治療の進行を確認できるため、治療結果をある程度予測できます。

インビザラインのデメリット

自己管理が必要:マウスピースを1日に20~22時間装着する必要があり、患者さんの自己管理が治療の成功に直結します。

適用できないケースもある:重度の不正咬合や複雑な歯の移動が必要な場合、インビザラインだけでの治療が難しいことがあります。

インビザラインの注意点

装着時間の守り:指定された装着時間を守らないと、治療期間が延びる原因となります。

定期的な通院:治療の進捗を確認し、次のステップへ進むためには、定期的な通院が必須です。

口腔衛生の維持:マウスピースを清潔に保つために、日々のお手入れが重要です。

インビザライン矯正は、多くのメリットがある一方で、デメリットや注意点も理解しておくことが重要です。自分のライフスタイルや矯正治療への期待に合わせて、適切な方法を選ぶためには、信頼できる歯科医師としっかり相談することをお勧めします。

その他の矯正法について

ワイヤー矯正の特徴とメリット・デメリット

ワイヤー矯正、または従来型の矯正治療は、不正咬合や歯並びの問題を修正するために広く用いられる方法です。この治療法は、ブラケットと呼ばれる小さな金属またはセラミックの固定具を各歯に接着し、それらをワイヤーで連結して徐々に歯を正しい位置に移動させます。ワイヤー矯正の特徴としては、幅広い不正咬合に対応可能であり、歯科医師が直接調整を行うため、治療の精度が高いことが挙げられます。

ワイヤー矯正のメリット

幅広い適用範囲:重度の不正咬合や複雑なケースにも対応可能で、多様な歯の問題を解決できます。

高い治療精度:歯科医師が直接ワイヤーを調整することで、細かい歯の動きを正確にコントロールできます。

ワイヤー矯正のデメリット

目立つ:金属製のブラケットとワイヤーは目立つため、見た目に対する自意識が高まることがあります。ただし、目立ちにくいセラミック製のブラケットや裏側矯正も選択肢としてあります。

口内の不快感:ブラケットやワイヤーが口内の粘膜を刺激することがあり、特に治療初期には違和感や痛みが生じることがあります。

口腔衛生の維持が難しい:ブラケットやワイヤーが食べ物のカスを引っ掛けやすく、歯磨きが困難になることがあるため、虫歯や歯周病のリスクが高まる可能性があります。

矯正治療の選択にあたって

矯正装置を選ぶ際には、仕事上の要求だけでなく、生活スタイルや治療期間、コストなど、様々な側面を考慮することが重要です。渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科では、患者さん一人ひとりのライフスタイルや希望に合わせて、最適な矯正計画をご提案いたします。

矯正治療は、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせの改善による健康的な口内環境の実現にもつながります。どの職業においても、自信を持って笑顔でいられることは、人生において大きなプラスとなります。矯正に関心のある方は、ぜひ一度、私たち渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科までご相談ください。一緒に、あなたの理想の笑顔を実現しましょう。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

〇午前:11:00~14:00
 午後:15:30~20:00
△午前:10:00~13:00
 午後:14:00~17:00

休診日:木曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分