渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:木曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

【インビザライン矯正】抜歯が必要となる理由は?
抜歯をしない矯正治療について

 皆さん、こんにちは。渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科です。今日はインビザライン矯正について、特に「矯正で抜歯が必要となる理由」「抜歯をしない矯正治療」に焦点を当ててお話ししたいと思います。

▼インビザライン矯正とは?

インビザライン矯正は、透明なマウスピースを用いた矯正治療法です。矯正治療において、目立たない方法を求める患者さんにとって、最適な選択肢の一つです。軽度から中等度の歯並びや噛み合わせの問題に対して、非常に有効ですが、すべての症例で抜歯が不要であるわけではありません。

 

▼矯正で抜歯が必要となる理由

矯正治療において抜歯が必要となる主な理由は、以下のような状況です。

 

重度の歯列の乱れ:歯が多すぎて、利用可能なスペースに収まらない場合、適切な歯並びを実現するためには、抜歯によってスペースを作り出す必要があります。

咬合のバランスの調整:上下の歯が適切に噛み合わせるためには、時に抜歯によって歯列の長さを調整する必要があります。

顔貌やプロファイルの改善:患者さんの顔のバランスを考慮して、最適な噛み合わせと顔貌を実現するために、抜歯が選択されることもあります。

 

 

▼矯正で抜歯をするメリット・デメリット

矯正治療における抜歯は、患者さんにとって大きな決断を伴います。一見すると抜歯はマイナスの選択のように感じられるかもしれませんが、実はきれいな歯並びと健康的な噛み合わせを手に入れるための重要なステップとなることが多く、メリットも多数存在します。

【メリット】

スペースの確保:特に歯が密集している場合、適切なスペースがなければ他の歯を整えることが難しくなります。抜歯によって必要なスペースを確保することで、歯並びを改善しやすくなります。

噛み合わせの改善:正しい噛み合わせには、上下の歯が適切に整列していることが不可欠です。抜歯は、噛み合わせの問題を解決し、長期的な顎関節の健康に寄与します。

美しい顔立ちの実現:過密な歯列は、顔のバランスに影響を与えることがあります。抜歯により歯並びが改善されると、口元が後方に引っ込み顔全体の印象も自然でバランスの取れた美しさに近づきます。

歯の健康の維持:過密状態を解消することで、歯ブラシが届きにくい場所を減らし、歯石やプラークの蓄積を防ぎます。これにより、虫歯や歯周病のリスクを低減できます。

 

【デメリット】

元に戻せない:一度抜歯を行うと、その歯は戻りません。この不可逆性は、患者さんにとって大きなデメリットとなることもあります。

治療期間が長くなる場合がある:抜歯後に歯を動かして理想の位置に導くには、歯の移動量が多くなる傾向があるため時間が必要です。これにより、矯正治療の全体の期間が延長する可能性があります。

一時的な不快感:抜歯後には、一時的な痛みや不快感、腫れが生じることがあります。これらは通常、数日間で改善しますが、患者さんにとっては治療の途中での障壁となることがあります。

心理的な影響:歯を抜くという行為は、一部の患者さんにとって心理的な負担となることがあります。これは、見た目の変化や恒久的な処置への不安から生じることが多いです。

 

◎メリットがデメリットを上回る場合のみ選択

抜歯は矯正治療において重要な選択肢の一つであり、正しいケース選択と計画のもとでは、きれいな歯並びと健康的な噛み合わせの実現に不可欠な手段となり得ます。メリットがデメリットを上回る場合、抜歯は患者さんの歯列美と口腔健康に長期的な利益をもたらします。

 

▼抜歯をしない矯正治療のメリット・デメリット

【メリット】

歯を守る:すべての歯を保持できるため、患者さんの自然な歯を最大限に活用することができます。

治療期間の短縮:抜歯による回復期間が不要となり、全体的な治療期間が短くなる場合があります。

心理的な負担の軽減:歯を抜かずに済むため、治療に対する恐怖心や抵抗感が少なくなります。

 

【デメリット】

適応に限界がある:重度の歯列の混雑や咬合の問題に対しては、抜歯をしない治療だけでは、理想的な結果を得ることが難しい場合があります。

微調整の難しさ抜歯を行わない場合、限られたスペース内での細かい調整が必要となり、技術的に要求される場合があります。

 
▼インビザラインで抜歯を回避する方法
 
インビザライン矯正の大きな魅力の一つは、抜歯を避けながら歯列の問題を改善できる可能性がある点です。
 
【方法1】歯列を側方に拡大する
 
インビザライン矯正では、上下のアーチを広げることで歯列を側方に拡大する方法があります。この技術は、特に歯が密集しているが、抜歯を避けたい場合に有効です。アーチを広げることにより、歯にとってより多くのスペースを作り出し、歯並びを改善します。しかし、この方法は患者さんの骨格構造や年齢によっては限界があり、適用できる症例には制限があることを理解しておく必要があります。
 
【方法2】奥歯を後方に移動する
 
別の方法として、インビザラインを用いて奥歯をわずかに後方へ移動させることがあります。この技術は、前方の歯並びの問題を解決するために、全体的な歯列のバランスを整える際に役立ちます。しかし、奥歯を移動させることは、患者さんの歯や顎の構造に大きく依存するため、全ての患者さんに適用可能なわけではありません。
 
【方法3】歯の側面を少しずつ削るIPR(Interproximal Reduction)
 
IPRは、歯の間隔を微細に削ることで、歯列のスペースを作り出す技術です。この方法は、非常に狭いスペースを必要とする軽度から中等度の歯列密集の症例に特に有効です。IPRは非常にコントロールされた方法で行われ、歯の健康を損なうことなく、必要なスペースを確保します。しかし、この技術は限られた量のスペースしか作り出せないため、重度の歯列密集には適していません。
 
◎適応できる症例の限界
 
これらの技術は、インビザライン矯正の柔軟性と効果を大きく高めていますが、すべての症例に適用可能なわけではありません。歯列の問題の重度、患者さんの顎の構造、年齢など多くの要因が、これらの方法が有効かどうかを決定します。そのため、矯正治療を検討している患者さんは、矯正歯科専門医と十分に相談し、個々の症例に最適な治療計画を立てることが重要です。
 
◎インビザライン専門医の診断を受けることが重要
 
インビザライン矯正は、抜歯を避けつつ、きれいな歯並びと健康的な噛み合わせを手に入れるための有効な選択肢を提供します。歯列を側方に拡大する、奥歯を後方に移動する、IPRでスペースを作るなどの技術により、多くの患者さんが理想の笑顔を実現しています。しかし、これらの方法が適応できる症例は一部に限られるため、インビザライン専門医の診断とアドバイスを受けることが大切です。マウスピース矯正を検討している方は、ぜひ矯正歯科の専門医と相談して、個人の状況に合った最適な治療方法を見つけましょう。
 
▼まとめ
 
インビザライン矯正は、多くの患者さんにとって魅力的な選択肢です。しかし、治療法が患者さん一人ひとりに最適であるかどうかは、その人の特定の歯並びや噛み合わせの状況に依存します。抜歯が必要となる場合もありますが、その決定は患者さんの最終的な目標を達成するためのものであることを理解していただきたいです。
 
私たち渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科では、患者さん一人ひとりのニーズに合わせた最適な矯正治療プランをご提案します。ご不明な点や心配事があれば、お気軽にご相談ください。あなたの美しい笑顔のために、最善を尽くします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

〇午前:11:00~14:00
 午後:15:30~20:00
△午前:10:00~13:00
 午後:14:00~17:00

休診日:木曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分