渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:水曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

インビザライン(マウスピース矯正)の
使用時間と使用期間について

こんにちは院長の山本です。

本日はインビザライン(マウスピース矯正)を使用する時間と、使用期間についてお話させていただきます。

インビザラインとワイヤー矯正との違いも説明していきましょう。

この前のコラムでは矯正を行うにあたって、歯が動く力としては至適矯正力が必要であることをお話ししました。

つまり矯正中は持続的に最適な力がかかっていないと歯しっかりとは動きません、これはインビザラインでもワイヤーによる矯正でも同じことです。

早く歯を動かしたいがあまり力をかけすぎると歯が倒れたり、根っこが吸収したりしてきてしまいます。

そのため歯列矯正治療は、長い治療期間がかかります。

また歯に力をかけて動かさず、見た目だけ歯並びを綺麗に見せる方法もあります、セラミックでかぶせ物を行い歯列を整える方法です。

歯並びが気になる部分の歯だけを削って、綺麗なセラミック冠をかぶせることで歯並びを治すこともできます。

期間的に短く治る場合が多く、色や形を自由に治すことができ芸能人のような歯並びを目指すことができますが、歯軸の角度を変える時に歯の神経を取らないといけなかったり、健全な歯質を削らないといけなかったりする場合があり、歯の寿命を短くしてしまう危険性もあります。

そのことに対して抵抗感がある人にはセラミックによる矯正は向いていない治療方法かもしれません。

ワイヤーを使って行う矯正では、もちろんお口の中にワイヤーが装着されているため力はずっとかかり続けますが、マウスピースを使った矯正では食事や歯磨きの時に取り外しを行うため

力がかからない時間帯が必ず発生します、力がかからない時間帯は、矯正中の歯はだんだんと元の歯並びに戻ろうとするように動いてきてしまいます。

つまりアライナーを付けていない時間帯は、矯正の進行が止まっている時間ではなく、矯正治療が後戻りしている時間といってもいいでしょう。

インビザイライン矯正では、一日20時間使用することが必須となっていますが、その時間を下回ると使っていない時間が長ければ長いほど歯の動きが悪くなってきていきます。

またマウスピースを取り外しする頻度が多くなってしまったり、外した後に装着しない時間が長くなってしまうとインビザライン矯正では治療計画通りに歯が動かず、だんだんとマウスピースと歯の位置がずれてしまう原因にもなります。

その結果、インビザラインが歯に入らず再度治療計画の立てなおしとなり、結果的に矯正終了までの期間が延びてしまいます。

インビザラインを使用する時間や頻度は患者さんの自己申告によるもので、24時間ドクターやスタッフが患者さんをチェックするわけにはいかないので、患者の約束を守る力にも治療結果が左右されることになります。

あまり頻繁に取り外しをしていると自分自身でもどれくらい使用したかわからなくなってきてしまいます。

管理をしっかりするためにスマホなどでスケジュール管理をしっかりしたり、日曜日はアライナーを交換する曜日などと曜日を決めてしまって習慣化するなど、決めていったほうが良いでしょう。

◆矯正を行う期間について

 また矯正期間についてですが、みなさんインビザライン矯正を始めた場合どれくらいの期間、使用し続けなければならいないかも気になる項目だと思います。

基本的に矯正治療は一概にどれくらいの期間がかかるとは言えず、歯の状態や治さないといけない程度によって期間はかなり前後することが多いです。

矯正期間を左右する原因として考えられるのは、治療計画、アライナーの使用時間、骨格的な性質の差異、抜歯の必要性の有無、患者自身のコンプライアンスの高さ、年齢、喫煙の有無などが考えられます。

たとえば1本の歯のねじれを少しだけ治したいなど、簡単な治療だと半年程度で終わる場合があります、期間や値段も安く局所的な治療のため、部分矯正などと呼ばれることもあります。

現在はインビザラインにも部分矯正用のi-goというオプションがあり、期間は全体矯正よりも短期間で終了することができますが、ただ現在の所インビザラインi-goでは歯の動きは前歯部のみに限局されています。

症例などで矯正期間が長くなるケースは、重度の叢生(歯のでこぼこ)や出っ歯、受け口、開口などです。

単純に歯の移動量が多いと期間は長くなる傾向があり、矯正終了までに34年かかる場合もあります。

また骨格的に問題がある場合は、歯の矯正だけでは治らないことがあり、顎の骨を切って動かしたりする外科的な処置が必要になる場合があり、そうなってくるとまた外科的な処置を行う期間が加わってくるため期間が延びたりします。

また成長期に矯正を行った場合は、成長が終わった後に顎の骨が成長することもあるため経過観察の時期や顎の骨の成長を見ながら矯正治療を行うためにさらに年月がかかります、その期間を矯正期間に含めるとしたら長期的な診察が必要となってくるでしょう。

矯正治療は歯科治療の中でも、長い期間がかかる治療なので先生と患者の信頼関係が必要不可欠です。

治療を開始する前に治療期間の説明はしっかりと受けたほうが良いでしょう

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:11:00~14:00
午後:15:30~20:00
△:午前 10:00~13:00
  午後 14:00~17:00

休診日:水曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分