渋谷駅近くのインビザライン矯正歯科「渋谷宮下パーク歯科・矯正歯科」へようこそ!

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F
JR「渋谷駅」ハチ公口改札 宮益坂方面より徒歩1分

診療時間
11:00~14:00 ×
15:30~20:00 ×

△:10:00~13:00/14:00~17:00
休診日:水曜・第2第4日曜・祝日

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0120-39-5755

部分矯正と全体矯正の違い

本記事のまとめ

部分矯正と全体矯正の決定的な違いは、治療領域が異なることです。部分矯正では、限定的な矯正しかできないのに対して、全体矯正では、噛み合わせも整えることができるため、矯正終了後も歯並びが乱れづらく、さらに顎関節症などの治療も行うことができます。

治療期間の違いもありますが、技術の向上により治療期間を短縮する選択肢(オーソパルスやカリエールなど)が増えているため、患者負担の軽減にも繋がっています。

また治療費に関しては、部分矯正の方が一見お安いですが、後で「より綺麗に見せたい」、「健康のために噛み合わせを良くしたい」となったときは、全体矯正が必要になります。また当院のように分割払いを用意している医院であれば、毎月のお支払いが6,900円からできる矯正治療があり、お財布事情にも優しく矯正治療ができます。

ご自身の場合、「どれくらい矯正費用がかかるのだろう…」とお悩みの方は、お問い合わせまたは、無料相談にお気軽にお越しくださいませ。

「相場よりももっと安く、お得に矯正を始めたい」という方には、矯正モニターで楽しく、治療をしましょう。

☟本記事の詳細はこちらです☟

本日は問い合わせの中でも比較的頻度の高い、部分矯正と全体矯正の違いについてのお話をします。

部分矯正について

実際、部分歯列矯正という言葉を頻繁に耳にするようになったのはここ数年です。

昔から言われていた部分矯正とは、MTM(マイナー・トゥース・ムーブメント)というものは、歯列矯正治療の中でもかなり限局的に行われたものでした。
この治療は歯を単体、もしくは少数歯動かすことにより、その後の治療をしやすくしたり補綴を綺麗にいれたりという一般治療と並行して行うものが主たるものでした。
現在では前歯だけを治したいという主訴を持たれる患者さんも増えてきたため、その部分だけ審美的に歯列矯正をする部分矯正という処置が増えてきました。
動かしたい箇所、例えば上顎の犬歯から反対側の犬歯までにワイヤーを使用、もしくは全体的にインビザライン(マウスピース)をつけて前歯だけ動かすというものです。
ただ矯正をするにあたって動かすスペースの確保はとても重要です。
たとえばでこぼこのある歯をただ綺麗に並べていくと、歯を並べる隙間がないため歯を並べた後出っ歯になってしまうことがあります。
せっかく綺麗な歯並びになりたいと思ってやっているのに、出っ歯や受け口になってしまっては意味がないですよね。
そうならない為に、部分矯正ではIPR(Interproximal Enamel Reduction)という行為を行いスペースを作っていきます。
IPRは簡単に言うと歯と歯の間を歯科用の器具で削って、隙間を作っていく行為です。
エナメル質の厚さは約2~3mmあるため、1mm程度の切削であれば歯がしみたりすることはありません。
歯と歯の間であるので片方は0.5mm程度の切削量になります。この隙間を利用して歯を動かしていきます。
もちろん歯を削ることが可能な量には限界があるので、隙間を作るのにも限度があります。
歯のでこぼこが少ない人はそれで足りますが、でこぼこの量が多い人は少し削るだけでは隙間が足りません。
このため部分矯正では部分矯正で歯並びが治る人と治らない人が出てきてしまい、限界があります。
ただ部分矯正は動かすことができる範囲が限られている分、矯正が終わるのが早かったり(大体半年くらいでしょうか)
ある程度前歯が治れば十分という方には、部分矯正でも満足していただけると思います。

全体矯正について

次は全体矯正について説明します。

全体矯正とはその名の通り歯を全体的に動かす矯正方法で、基本的には歯列矯正治療というこ全体矯正のことを指す場合が多いです。
全体矯正は部分矯正と違い奥歯まで動かすことができるため、部分矯正よりも多彩な歯の動かし方をすることができます。
部分矯正では前歯しか動きませんが全体矯正では邪魔な歯を抜いたり、奥歯をさらに奥側に動かしたり、拡大といって臼歯を外側に動かしたりする行為ができるようになるため
IPRのみでスペースを作る部分矯正よりも多くの歯の移動量を作ることができます。
このことにより出っ歯や受け口を治したり開口と言って前歯が噛まない状態を改善させたり、歯のでこぼこの量が多い状態でも治療をすることができるのです。
また奥歯も動かすため、噛み合わせを変えることもでき、しっかりした咬合を作ることが可能です。
歯が骨の中に埋まっていたり、かなり傾斜している場合は部分矯正では矯正を行うことができません。
矯正医の中には部分矯正を行わずに全体矯正でないと矯正を行わない先生もたくさんいます。
ただデメリットとしては全体矯正は動かす部位が多いため部分矯正よりも矯正期間が長め(2年くらい)になったり、費用が部分矯正よりも高くなったりというケースが多くなってきます。
また、歯列矯正全般に言えることですが出っ歯や受け口の方は歯並びだけではなく骨格的に問題がある場合もあるため、歯列矯正だけでは満足のいく仕上がりにならないケースがあります。
そのため歯列矯正を行うためには術前の診断をしっかりと行いレントゲン写真などで骨格的な診断が必要不可欠です。
その結果もし骨格的に問題がある場合は、外科的な処置が必要になってくる場合があります。
外科的に顎にアプローチをする場合は歯列矯正と連携をして行うのですが、歯並びを変える処置とは言えないため、歯科医院で行うことができない場合も多く、大学病院などの大きな病院の口腔外科に依頼することになります。
治療も大掛かりになることが多いため、専門家に十分に説明を受けて理解することが重要です。

まとめとして、部分矯正と全体矯正の違い

部分矯正
メリット           デメリット
・矯正期間が短い         ・対応できる症例が限られている
・費用が比較的安い        ・限定的な治療になる

全体矯正
メリット                          デメリット
・歯をほぼ希望通りに動かせる。                ・期間が長くなることがある
・噛み合わせも変えることができ、顎関節症の治療などもできる。 ・費用が比較的高くなる

 といったところでしょうか。

自分自身の症状や改善をさせたい場所、量などによって適応が変わってくるためその人の合った矯正方法を選ぶことが大事です、困ったら最寄りの矯正医に一度相談してみてください。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

0120-39-5755

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:11:00~14:00
午後:15:30~20:00
△:午前 10:00~13:00
  午後 14:00~17:00

休診日:水曜日・第2第4日曜・祝日

アクセス

0120-39-5755

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-24-7 宮下パークビル2F

「渋谷駅」B2番出口より徒歩1分
「渋谷駅」JR/ハチ公改札より徒歩2分